名古屋で刑事事件に関する弁護士への無料相談は愛知総合法律事務所へ

法律相談専用ダイヤル052-212-5275

受付時間 【平日・土日】9:30〜17:30

sp menu button

法律相談専用ダイヤル052-212-5275

受付時間 【平日・土日】9:30〜17:30

緊急に接見希望の方

愛知総合法律事務所について

ごあいさつ

 当事務所は昭和52年に愛知総合法律事務所として産声をあげました。弁護士1名、事務員1名での出発でした。その間平成14年には法人化し、現在では弁護士、税理士、司法書士、社会保険労務士が在籍する中部地区最大級の事務所に成長することができました。
 当事務所は依頼者の皆さんのニーズに応えるために、専門化、総合化そのための大型化を進めています。

 又依頼者の利便性を図って、当事務所では法律問題のみならず、税理士が税務問題、司法書士が登記問題、社会保険労務士が労務問題に対して対応し、他の問題対応のために、他の士業事務所に行く必要のないワンストップの総合法律事務所を目指しています。
 更には市民の皆さんの弁護士へのアクセス障害をなくし、弁護士へのアクセスを開放するために複数の支所を設置して、本部事務所と同様の質の高いリーガルサービスの提供を実践しています。
 今後も質の高いリーガルサービスを提供するために、事務所の専門化、総合化、大型化、ワンストップ化をめざし進化し続けてまいります。

愛知総合法律事務所
代表弁護士

弁護士法人愛知総合法律事務所
代表弁護士 村上文男

事務所沿革

1977年
村上文男が弁護士登録。名古屋弁護士会(当時)に所属する。
1978年
村上文男弁護士が愛知総合法律事務所を設立
1989年
村上文男弁護士が名古屋弁護士会副会長に就任
1996年
事務所報ルネサンス創刊
1998年
名古屋地方裁判所の所長を務められた上野精弁護士を迎える
2002年
愛知総合法律事務所を法人化し、弁護士法人となる
2004年
『Q&Aそうだ!弁護士に聞いてみよう!!』を出版
2007年
村上文男弁護士が愛知県弁護士会会長に就任
同年
村上文男弁護士が日本弁護士連合会副会長に就任
2008年
川口洋平裁判官が他職経験として熊本地方裁判所から当事務所へ赴任
同年
『えっ、私が裁判員!?』を出版
2010年
川口洋平裁判官が他職経験を終了し東京家庭裁判所に復帰
同年
愛知総合法律事務所 小牧事務所設立
2011年
愛知総合法律事務所 津島事務所設立
同年
愛知総合法律事務所 名古屋新瑞橋事務所設立
同年
小牧市で16年間市長を務められた中野直輝弁護士を迎える
同年
名古屋地方裁判所民事部部総括、熊本家庭裁判所所長を務められた柄夛貞介弁護士を迎える
2012年
愛知総合法律事務所 春日井事務所設立
2013年
名古屋簡易裁判所判事定年退官された熊田士朗弁護士を迎える
2015年
愛知総合法律事務所 日進赤池事務所設立
同年
愛知総合法律事務所 名古屋藤が丘事務所設立
2016年
愛知総合法律事務所 高蔵寺事務所設立
2017年
愛知総合法律事務所 岐阜大垣事務所設立
 
2017年10月現在、
弁護士31名、税理士2名、司法書士2名、社労士3名、事務局50名以上が在籍しています。

理 念

弁護士の使命を自覚し、そのまい進のために、人権擁護活動への積極的な参加、
又弁護士会会務、委員会活動にも積極的に参加していく総合法律事務所。

依頼者の多様なニーズに応えるために進化し続ける総合法律事務所。

書籍のご案内

Q&A 交通事故加害者の賠償実務

Q&A 交通事故加害者の賠償実務

保険会社側の案件を扱う弁護士向けに記載された、交通事故紛争のノウハウを集結させた本です。交通事故を多数扱う愛知総合法律事務所が執筆し、これまで名古屋地方裁判所にて取得した裁判例や解決方法も掲載しました。

えっ、わたしが裁判員? -裁判員6人の成長物語-

えっ、わたしが裁判員? -裁判員6人の成長物語-

法律専門書を出版している第一法規株式会社から、裁判員制度について楽しく学べる、ストーリー仕立ての入門書、「えっ、わたしが裁判員?―裁判員6人の成長物語-」が刊行されました。ひとつのストーリーを読み進みながら、「裁判員制度」の基本が学べるように編集されています。ごく普通のOL、愛子が裁判員となり、他の個性あふれる5名の裁判員とともに審理に臨みます。果たして裁判員が選んだ結論は・・・。イラストや充実したコラムがあり、大変分かりやすい入門書です。

Q&A そうだ!弁護士に聞いてみよう!!

Q&Aそうだ!弁護士に聞いてみよう!!

当事務所の弁護士執筆『Q&Aそうだ!弁護士に聞いてみよう!!』が平成16年6月24日 出版されました。全100項目のQ&A形式でわかりやすく、「家庭の医学」ならぬ「家庭の法律」として身近なトラブルのバイブルに!一般書店および当事務所にて販売しております。