名古屋で刑事事件に関する弁護士への無料相談は愛知総合法律事務所へ

法律相談専用ダイヤル052-212-5275

受付時間 【平日・土日】9:30〜17:30

sp menu button

法律相談専用ダイヤル052-212-5275

受付時間 【平日・土日】9:30〜17:30

緊急に接見希望の方

弁護士紹介

弁護士

村上 文男

名古屋 丸の内本部事務所

平成28年の9月,九州の博多で逮捕された4人の弁護を当事務所で受けました。博多まで、往復8時間の接見を3名の弁護士で述べ12回行きました。結果は4名とも不起訴の釈放でした。若手の北澤嘉章弁護士の大活躍と、先輩弁護士2名の応援の結果です。このような8時間かかる接見をこなすことができるのは大規模事務所だからです。刑事弁護は弁護士魂のリトマス試験紙です。当事務所も刑事弁護チームを設置して大規模事務所の利点を生かして、全力投球していきたい。

柄夛 貞介

名古屋 丸の内本部事務所

34年余りの裁判官勤務、その後10年余の公証人生活を終え、2011年11月より弁護士として執務することになりました。素晴らしい事務所環境を与えられたことでもあり、虚心に学びつつ依頼者及び社会正義のニーズに応えるべく努力する所存です。これまでの経緯から、相続、遺言、離婚等家事関係事件、契約書作成等については何ほどかお役に立てることがあるかとも思っております。よろしくお願いいたします。

中野 直輝

小牧事務所

1977年から1997年まで名古屋弁護士会(現愛知県弁護士会)の会員として約20年間弁護士業務に携わっていました。平成7年、突如としてそれまで無縁でありました政治の世界に飛び込むこととなり、以来4期16年にわたり小牧市長を務めておりました。当事務所代表村上文男弁護士と司法研修所同期という永年にわたって親交があります。久しぶりの弁護士業務であり、緊張感もありますが、自らの人生経験を生かしながら努力をしたいと思います。

尾関 栄作

名古屋 丸の内本部事務所

弁護士会では、研修やADR(裁判外紛争処理機構)、若手会員の育成を中心として委員会活動に参加しています。また、ロースクールができた当初から、法曹倫理という必修科目について授業を担当しています。 法曹倫理は、私たち法律家の倫理と責任について考える、きわめて実践的な学問です。私は、弁護士がプロフェッションとして活動するためにも、そして私たち弁護士のアイデンティティを保持するためにも、是非とも必要なものであると考えています。そして、この倫理に裏打ちされた活動があるからこそ、クライアントの皆様のために質の高い法的サービスを提供できると確信しています。 趣味は、お酒と食事、そして洋服といった、いわゆる着道楽食道楽(?)だと思います。小説、音楽、映画もあまり偏りなく嗜む方です(家内からは偏っていると言われることもありますが、気にしません)。

檀浦 康仁

名古屋 丸の内本部事務所

「えん罪」という言葉を聞いたことがありますか?
やってもいない犯罪によって処罰されてしまうのが「えん罪」です。
私は,この世で最大の不正義の一つだと思います。
そのような身に覚えのないことで犯罪の嫌疑を掛けられてしまった場合に,守ることができるのが弁護士です。
もし,「えん罪」で逮捕・勾留されてしまったら・・・。
私は,そのような「えん罪」と全力で闘っていきたいと考えています。

勝又 敬介

名古屋 丸の内本部事務所

ご家族が、ある日突然警察に逮捕・勾留される・・・こうした事態はドラマや漫画の世界のことではなく、ある日突然降りかかる可能性のある現実です。
本人の刑事事件のことも心配ながら、仕事はどうなるのか、自分たち家族はどうなってしまうのか、被害者の方にはどう対応すればよいのか・・・ご家族は、こうした問題にも向き合わなければなりません。
そうした場面で、本人を法的知識で助け、ご家族の不安を和らげ、必要であれば勤務先との調整や、被害者の方との示談等々、様々な場面で私たち弁護士に力になれることがあるかも知れません。
ご不安なとき、お一人で悩まずに、まずはお電話下さい。

木村 環樹

名古屋 丸の内本部事務所

交通事故の加害者となってしまった場合、喧嘩がエスカレートしておもいもよらない怪我を相手にさせてしまった場合、子供がつい出来心で物を盗んでしまった場合、ダメだと分かっていながら薬物に手を出してしまった場合、など、突然に、自分や家族などが警察に逮捕・拘留されたり、警察から取り調べを受けなければならない事態になる場合があります。

刑事手続においては、憲法、刑事訴訟法などで被疑者・被告人には様々な権利が認められています。被疑者・被告人であっても、これら権利を正当に行使し、適正な刑事手続を享受する権利があります。

突然の場合に、何をどうすればよいかを冷静に考えることは難しいと思います。このような場合、速やかに当事務所にご相談ください。まずは、速やかに、何をどうすべきかをご説明させていただき、適正な刑事手続が行われるよう、また、憲法及び法律上認められている権利を実現すべく全力で弁護させていただきます。

渡邊 健司

名古屋 丸の内本部事務所

「日本では,刑事裁判にかけられると99.9%有罪になる」という言葉を聞いたことはないでしょうか?この言葉からは,有罪率の高さに目がいきがちですが,一方で,本当は無実であるにも関わらず,言い分を信用してもらえず,不当にも刑事裁判にかけられてしまう人が,0.1%もいることを示しています(無実であるにも関わらず有罪判決を受ける人もいることからすれば,もっと多くなるはずです。)。
無実の罪で逮捕され,刑事裁判にかけられることは本来あってはなりません。無罪を勝ち取ること以前に,そもそも刑事裁判にかけられることがないよう,弁護人として,一緒に戦っていきたいと思います。

森田 祥玄

日進赤池事務所

家族が犯罪で逮捕されたとき,どうすればよいのか分からないものです。本人にとって,家族にとって,人生の大きな分かれ道となります。家族がばらばらになることもあれば,離婚をしてしまうこともあります。他方,両親だけは最後まで見捨てない,という事例も多数見てきました。逮捕後は緊急に方針を決定し,被害者の方へ示談のお願いをさせていただく必要が生じます。弁護士は万能ではありませんが,最善,そして最速の方法を,一緒に模索させてください。

上禰 幹也

名古屋 新瑞橋事務所

 弁護士となり、交通事故、離婚、相続、労働、任意整理、破産と、様々な案件を経験致しました。当事務所では、案件数が多く、また、その種類も実に多様であり、弁護士としてやりがいを感じると同時に、弁護士業務の難しさも感じております。
 全ての案件で、悩み、困難にぶつかります。その分、依頼者の皆様と共に、乗り越えて、解決をしたときの喜びも大きいものです。
 わずか30分の法律相談で、覆われていた雲が取り払われるかもしれません。一度、ご相談下さればと思います。

水野 憲幸

名古屋 丸の内本部事務所

刑事事件は早期の対応が必要不可欠です。早期の対応が、起訴されるか否か等に大きく影響することになります。初期の対応がまずいために、それが、後々まで悪影響を与えてしまうこともあります。
当事務所は、大規模事務所のメリットを活かし、依頼を受けた当日の即日接見を行うことが可能です。早期に接見を行い、素早く適切な対応を行うことにより、不必要な長期間の拘束や、不相当な処罰を回避することも可能となります。
あなたや、あなたの大切な人が困った事態に陥った場合は、一度、弁護士に相談して下さい。

南 善隆

名古屋 丸の内本部事務所

刑事事件において,被疑者は逮捕勾留を通じて長期間の身柄拘束を受けます。はじめての人は当然のこととして,何度か身柄拘束の経験がある被疑者にとっても,その期間は本当に辛いものです。特に,共犯事件などでは接見禁止決定によって,弁護士以外の誰とも面会できない期間が長期間続くこととなります。確かに,被疑者が犯した過ちについては適正な処罰がなされて然るべきものでありますが,被疑者にも人権があります。また,被疑者にとって全く身に覚えのない罪によって長期間身柄拘束されたり,まして,有罪判決を受けることなど有ってはならないことです。弊所は,30有余年の刑事弁護における経験の蓄積と,多数の経験豊富な弁護士のチーム力という利点を最大限に活かし,刑事弁護にこれまで以上に注力していきます。

森下 達

春日井事務所

刑事事件の被疑者として逮捕・勾留されることが,思いも寄らず訪れることもあります。
自分に身に覚えがなくても,えん罪で逮捕されることもあり得ます。「自分が本当に何もしていないなら,えん罪で自白をするはずがない。」と皆さん思われるかもしれません。
 逮捕・勾留は長期間の身体拘束です。その間,接見禁止が付けば,弁護人以外の者と面会することも難しくなります。誰とも会えない状況で,ふと「自白すれば楽になれる。」と思い,真実とは異なる自白をしてしまうことは往々にしてあります。そんな時に,弁護人と接見をすることができれば,真実とは異なる自白をすることを抑えられるかもしれません。
 自分が近く逮捕・勾留されそうな場合,親しい人が逮捕・勾留されたという場合には,一度,弁護士に相談ください。

奥村 典子

小牧事務所

本人あるいは家族が逮捕された場合、その後の刑事事件がどのような流れになるか、ご存じでしょうか。刑事事件について相談をお受けする際には、この流れが分からないために不安になられている方も見受けられ、刑事事件の流れからお話しさせていただくことも多くあります。
刑事事件の相談をされる方には、このようなことが初めてで、何をどうしたらいいのか分からない等と述べられる方も多いですが、何も分からない状況であるからこそ、一度、弁護士に相談していただければと思っております。

小宮 仁

名古屋 丸の内本部事務所

私は医師の資格があるため、医療関従事者から法律相談を受ける機会が多くあります。医療従事者から、民事上の責任ばかりでなく、業務上過失致死傷罪(刑法211条)、秘密漏示罪(刑法134条)、異状死届出義務違反(医師法21条、33条の2)などの刑事に関する相談を受けることもあります。医療従事者にとっても、刑事事件には無関心でいられないということでしょう。
刑事事件は、民事医療訴訟と同様に、早いうちから、法律の専門家である弁護士の関与があった方がよいと思われます。刑事事件の当事者となりそうな場合、刑事事件の当事者となったしまった場合などには、ご相談頂ければと思います。

遠藤 悠介

小牧事務所

刑事事件は,逮捕・勾留により身体が拘束され,精神的に不安定な状況になります。
当事務所では,弁護士数も多く,できる限り早急な対応が可能ですので,依頼者の精神的な負担の軽減に努めることができます。
当職も,多くの刑事事件を担当し,強盗事件で執行猶予を得るなどしました。
依頼者の方のお力になれるよう,全力で取り組ませていただきますので,よろしくお願いいたします。

加藤 耕輔

津島事務所

刑事弁護というと,無実の人を救う弁護士をイメージされる方が多いと思いますが,我々が扱う刑事事件は,いわゆる「認め事件」がほとんどです。
認め事件では,起訴猶与・できる限りの減刑といった方針をもって弁護にあたります。
ただ,私は,その方が再び犯罪をすることがないよう一緒に考えていくということが実は最も重要なことと考えます。簡単なことではなく,正解があるものでもありませんが,我々は絶えず悩み考えながら弁護にあたっています。

横井 優太

名古屋 丸の内本部事務所

離婚・相続・借金・労働など,深刻なトラブルを抱えながら誰にも相談できずにいる人の力になりたいと思い,弁護士になりました。 皆様の目の前にあるトラブルを解決できるよう一生懸命頑張ります。人に話しづらいと思うことでも一人で思い悩むことなく,ぜひ一度ご相談ください。

長江 昂紀

名古屋 丸の内本部事務所

罪を犯してしまったときや罪の疑いをかけられたときは、人生の一大事です。家族や友人に会うこと、仕事に行くこと、家で眠ること等の当たり前のことができなくなるかもしれません。その不安は計り知れないものだと思います。そんなときに味方になれるのは弁護士だけです。人生を左右する事態であるという覚悟を持って仕事に臨み、できる限り不安を取り除き、最善の解決となるよう努めます。

服部 文哉

高蔵寺事務所

刑事事件におきましては、なにより迅速な対応を心がけています。不当な取り調べに対する抗議、被害者との示談、逮捕・勾留状態からの解放、家族の面会禁止状態の解除、そしてなにより「捜査のプロ集団」に周囲を固められている依頼者の味方として寄り添うこと・・・刑事事件の場合は全てが緊急の課題となります。また、ご家族に状況を随時報告することも刑事弁護人の大事な仕事だと思っています。ご自身や大切な方に万が一のことがあったとき、我々がお力になれればと思います。

米山 健太

名古屋 丸の内本部事務所

ある日突然警察から犯罪の疑いをかけられたとき,「身の潔白を説明すれば分かってくれる!」と思うのは自然なことです。しかし,どういう場合にどういう犯罪が成立するか分からないまま,自分の言い分を正確に伝えることが出来るでしょうか。勘違いをしていたり誤解が生じうる供述をすれば,かえって捜査機関の心証は悪くなるでしょう。
また,罪を犯してしまい,償おうとしているのに償い方がわからないのも非常に残念なことです。
罪を犯した場合,犯していない場合,いずれの場合でも一度弁護士に相談して無用な不安を取り除きましょう。その上で,今後の行動が刑事責任にどう影響するか,どうすればより安心して生活し更正することができるのかなど総合的な視点から一緒に考えて行くことが重要です。

中内 良枝

名古屋 丸の内本部事務所

警察に逮捕,勾留されてしまった場合,突然,今までの社会生活が全てストップし,外部との連絡も遮断され,留置所で1人,大きな不安と戦うことになります。そんなとき,当事務所の弁護士が即日接見に伺い,刑事手続の流れをご説明し,ご家族との連携も行い,不安の軽減に努めます。また,中には,不必要な長期間の身柄拘束が行われるケースもあり,何より刑事弁護人には,1日でも早い身柄解放に向けた,迅速な活動が求められます。検察官の勾留請求に対する裁判所の却下率は,年々増加しているものの,僅か2.71パーセント(平成26年)と非常に低い数字ですが,当職の担当した事案では,ご家族から迅速にご依頼をいただき,即日接見,被害者との面談・謝罪,勾留請求却下の意見書作成等の弁護活動を直ちに行うことができた結果,裁判所が検察官の勾留請求を却下した例があります。今このホームページをご覧になっている方の中にも,突然のことで大変な不安を感じている方もいらっしゃると思いますが,まずは,弁護士にご相談ください。

田村 祐希子

名古屋 新瑞橋事務所

日本の刑事事件の裁判有罪率は99.9%と言われています。しかし、99.9%の中には、警察や検察の誘導等により、冤罪の刑や必要以上に重い刑に処されている方がいらっしゃるように思えてなりません。たとえ、可能性が1%以下であったとしても、私は、相談者に寄り添い、一緒に最適な道を見いだし、戦いたいと思っています。
男性弁護士に話しにくいことも、気兼ねなく、ご相談ください。
よろしくお願い申し上げます。

友近 歩美

春日井事務所

「弁護人」と聞くと,法廷で闘っている姿をイメージされる方が多いかもしれません。しかしながら,弁護人の活動は法廷内に限りません。接見,証拠集め,被害者との示談交渉,ご家族や職場との調整,身体拘束の解放の活動など多岐に渡り,迅速に対応する必要があります。
依頼者の方やご家族の皆様と一緒に,最善の方法を模索させていただければと思います。刑事事件に関して何かお困りのことがございましたら,お早めに弁護士にご相談ください。

北澤 嘉章

名古屋 丸の内本部事務所

否認事件(罪を認めていない場合)には,黙秘権行使,署名押印拒否,準抗告等の手段で,徹底的に戦うべきであるのは当然です。
自白事件(罪を認めている場合)であっても,法律的に妥当な処分がなされるべきです。捜査機関の好きにさせては,不当に重い処分になりかねません。法律的に妥当な処分がなされるために,弁護士は,被疑者・被告人の味方として,有利な事情をできる限り作ります。
警察に逮捕されそうだとか,家族が突然逮捕された場合には,すぐに弁護士に相談してください。
1日でも早く出られるように,最善を尽くします。

深尾 至

津島事務所

刑事事件において,弁護士が力になれるのは,身に覚えのない犯罪の嫌疑を掛けられてしまった場合に限られません。犯罪を行ってしまったことには間違いがない場合であっても,自らが行ってしまったことに見合う適切な刑事処分が下されるようにするために,弁護士が力になれることはあります。
弁護士数が多い事務所の利点を活かして,迅速に対応し,より良い解決となるよう全力を尽くします。まずはご相談下さい。

佐藤 康平

岐阜大垣事務所

ある日突然大切なご家族が、あるいはあなたご自身が、警察に逮捕されてしまった、警察から取り調べを受けることになった。そんな時、どのような対応を取るかによって、今後の人生は大きく異なるものになるかもしれません。
私たちは、そのような状況になってしまった方々に対して、迅速かつ的確に、終局までの道筋を提供していきたいと考えております。そして、皆様と一緒に悩みながら、最善の方法を見つけていきたいと考えております。
お一人で悩むことなく、ぜひ一度、ご相談下さい。

柿本 悠貴

名古屋 丸の内本部事務所

罪を犯してしまったとき、その事実を曲げたり、なかったことにすることはできません。しかし、罪を犯してしまったとしても、苛烈な取調べを強いられたり、人格を全否定されるようなことはあってはなりません。捜査をうけ、裁判にかけられる状況は、孤独と不安感で一杯だと思います。過去の事実を見つめ、将来を考えるために、お力添えができればと思います。

横田 秀俊

名古屋 丸の内本部事務所

 公権力と対峙する被疑者・被告人には数々の防御権が憲法上保障されています。しかし,刑事手続に関する知識がなければこれらの権利は絵に描いた餅も同然です。弁護士にご相談頂くことで,法律知識を補い,権利を適切に行使することが可能です。また,仕事や家庭をもつ被疑者・被告人にとって身体拘束から解放さるか否かは死活問題です。そのためにも,刑事事件に巻き込まれた場合にはいち早くご相談下さい。依頼者の権利利益の擁護のために,最善の刑事弁護活動を行います。

安井 孝侑記

名古屋 丸の内本部事務所

 刑事事件というものは、テレビドラマなどの世界の話で、あまり馴染みがあるものではないかもしれません。しかし、あなたご自身やあなたの大切な家族が警察に逮捕されて連れて行かれることが急に訪れるものです。
 もし罪を犯してしまったときは、それについて償うことは当然ですが、不当な処罰を受ける理由は誰にもありません。
一人で悩まず、ぜひ一度、弁護士に相談してください。できる限りのお手伝いをさせていただきます。

加藤 純介

名古屋 丸の内本部事務所

刑事事件の被疑者・被告人、あるいはそのご家族の方々は、捜査機関の追及を受け、時に社会から厳しい視線を向けられ、孤独な立場に置かれるとともに、大きな不安を感じると思います。刑事事件は早期の対応が必要不可欠です。私たち弁護士が力になります。まずはお気軽にご相談ください。