名古屋で刑事事件に関する弁護士への無料相談は愛知総合法律事務所へ

法律相談専用ダイヤル052-212-5275

受付時間 【平日・土日】9:30〜17:30

sp menu button

法律相談専用ダイヤル052-212-5275

受付時間 【平日・土日】9:30〜17:30

緊急に接見希望の方

刑事事件ブログ

過去の記事を見る

 ニュースなどでも大きく取り上げられていますが、平成29年7月13日、性犯罪について大きく変更した改正刑法が施行されました。  性犯罪については、平成16年の刑法改正による罰則の強化、集団強姦等罪に関する規定の新設等はあ…続きを読む

 捜査機関から犯人であると疑いをかけられた場合,事案によっては逮捕・勾留されることがあります。当然,事前に連絡などありませんので,日常生活や仕事に与える影響は重大です。これらの不利益を最小限にするには,早期に釈放に向けた…続きを読む

小牧事務所で執務しております、弁護士遠藤悠介と申します。私が担当した刑事弁護事件について、お話したいと思います。 Aさんは,ナイフを用いて強盗を複数件行ってしまい,逮捕・勾留されてしまいました。 強盗罪は,刑法に以下のと…続きを読む

オフィス街に出ると初々しい新入社員たちを見かける季節になりました。また、異動などで新たな職場で心機一転の方々もいらっしゃると思います。職場では歓迎会が行われることも多いのではないでしょうか。歓迎会といえば”お…続きを読む

 刑事事件を起こして警察に逮捕された場合、通常は捜査が終了するまで身柄を拘束(勾留といいます)されることになります。  勾留の期間は10日間から20日間というのが原則ですが、示談の成立等の諸事情で検察が起訴を見送らない限…続きを読む