名古屋で刑事事件に関する弁護士への無料相談は愛知総合法律事務所へ

法律相談専用ダイヤル052-212-5275

受付時間 【平日・土日】9:30〜17:30

sp menu button

法律相談専用ダイヤル052-212-5275

受付時間 【平日・土日】9:30〜17:30

緊急に接見希望の方

刑事事件ブログ

 ある時思いもよらず刑事事件の被疑者となってしまった場合,弁護人の選任方法としては,大きく分けて国選弁護と私選弁護というものがあります。国選弁護人という言葉を耳にしたことがある方はいらっしゃるかもしれませんが,それぞれど…続きを読む

 刑事事件で,裁判によって訴訟手続きが終了する場合において,被告人に訴訟費用を負担させるときは,職権でその裁判をしなければならないとされています。このように,刑事事件で起訴されて,判決を言い渡される際に,裁判官によって,…続きを読む

 刑事事件は、一生を左右するような事柄です。刑事手続自体が終わったとしても解決しなければならない問題が残ることがあります。  今回は、そのようなケースとして、「自分が逮捕された事実がインターネット上のウェブサイトに書き込…続きを読む

1 逮捕されてしまった被疑者やご家族にとっては、「いつ、身体拘束から解放されるのか。」が、とても重要な関心事となります。身体拘束中は、厳しい監視下におかれますし、仕事に復帰できるだろうか等、将来についての不安もかかえるこ…続きを読む

 身柄が拘束されている場合,その一日も早い身柄の解放は何よりも重要です。 保釈が許可されれば,依頼者は元の生活を送りながら裁判に対応できますし,弁護人との充実した打合せも可能だからです。 そこで,今回は保釈について見てい…続きを読む