名古屋で刑事事件に関する弁護士への無料相談は愛知総合法律事務所へ

法律相談専用ダイヤル052-212-5275

受付時間 【平日・土日】9:30〜17:30

sp menu button

法律相談専用ダイヤル052-212-5275

受付時間 【平日・土日】9:30〜17:30

緊急に接見希望の方

刑事事件ブログ

示談の意味とは

 刑事事件では,一般によく「示談を取れ」などと言われていることをご存知の方もいると思います。

 示談というのは,簡単にいうと,被疑者・被告人が犯した罪につき,被害者に許してもらうことです。示談においては,一定の金銭を支払う場合が通常です。なお,被疑者・被告人と被害者との関係によっては,金銭を支払うことなく示談ができる場合もあります(例えば,被疑者・被告人と被害者が,家族や恋人である等)。

 示談には,絶大な影響力があります。示談すればすぐに釈放されることもありますし,起訴されるような犯罪でも不起訴になることもありますし,刑が軽くなったりします。だからこそ,刑事事件においては示談を取るのがよいとされているのです。

 ただし,示談が取れたら,必ず罰せられることがなくなるかといったら,そうではありません。日本の刑事訴訟法においては,一定の犯罪を除いて,被害者の意思とは関係なく,逮捕したり,起訴して有罪にすることが可能になっています。したがって,示談が取れた場合や,そもそも被害届が出ていない場合であっても,逮捕されたり起訴され有罪となったりする場合があります。

 示談は,被害者との間でするものです。したがって,被害者がいない犯罪(例えば,覚せい剤を使用した罪等)についての示談は想定できず,示談という弁護活動をすることはありません。

 被害者がいる罪を犯してしまった場合,まず,示談を目指すかの検討をする必要がありますが,示談を目指すか否かについては,示談をすることによるメリット(示談したらすぐ釈放されるか,不起訴になるか等),身柄が拘束されているか否か,示談にかかる経済的負担,被害者の感情,被疑者・被告人の気持ち等の様々の要素について,総合的に考慮して判断する必要があります。

 そして,示談を目指すことになったとしても,示談交渉においてどのような交渉の仕方をするか(強気の交渉をするか,下手に出て交渉するか等)については,被害者の言動,性格,被害者の感情,被疑者・被告人がどの程度示談をしたい気持ちが強いか,被疑者・被告人の経済力等を総合的に判断する必要があります。当然ながら,被害者にはいろいろな人がいますし,被疑者・被告人の気持ちや資力等についても様々なケースがありますので,決まった交渉の仕方などあるわけはなく,交渉の仕方はケースバイケースです。この判断は,非常に難しい場合が多々あります。

 示談を取れるか否かは,法律知識などはほとんど関係がなく,話のわかりやすさ,話し方,人の話や気持ちを理解できるか,空気を読むことができるか,とっさの判断力,人と話すときの態度,風貌,胆力等が重要となってきます。

 したがって,示談が重要な意味を持つ犯罪において,示談を取ることを希望して弁護士を選ぶときは,実際に話してみて,上記の点に着目して,示談をとってくれそうな弁護士を選ぶのがよいと思います。

 

名古屋丸の内本部事務所 弁護士 北澤嘉章