名古屋で刑事事件に関する弁護士への無料相談は愛知総合法律事務所へ

法律相談専用ダイヤル052-212-5275

受付時間 【平日・土日】9:30〜17:30

sp menu button

法律相談専用ダイヤル052-212-5275

受付時間 【平日・土日】9:30〜17:30

緊急に接見希望の方

刑事事件ブログ

過去の記事を見る

 平成30年6月1日より、改正刑事訴訟法が施行されます。  その中で日本版の司法取引制度が開始されます。  特定の財政経済犯罪及び薬物銃器犯罪について、被疑者・被告人が、共犯者などの他人の刑事事件の解明について協力行為を…続きを読む

 外国人の刑事事件においては、どのような判決を受けるかということ以上に、今後も日本に残れるのかという在留に関する問題が重要視されることがあります。  今後も日本に残れるのかということについて考えるとき、①その事件が退去強…続きを読む

 警察官や検察官は、取調べの最後に、被疑者・被告人がその日の取調べで話した内容をまとめた紙を作成することが多いです。この紙のことを、「調書」といいます。 警察官や検察官は、被疑者・被告人に対し、調書の内容を確認した上で、…続きを読む

 刑事裁判のドラマを見ていると、依頼者の無実を証明するために、裁判で華々しく活躍する弁護士の姿が描かれていることが多いと思います。 もちろん、裁判で事実と異なる検察官の立証を弾劾し、被告人にとって有利な事実をきちんと裁判…続きを読む

    報道によれば,愛知県内の2017年の交通事故による死者数が12月31日に200人となり,15年連続で全国ワースト1位となることが確実な見通しのようです。  このような報道を目にすると,不名誉な記録を更新してしまう…続きを読む