名古屋で刑事事件に関する弁護士への無料相談は愛知総合法律事務所へ

法律相談専用ダイヤル052-212-5275

受付時間 【平日・土日】9:30〜17:30

sp menu button

法律相談専用ダイヤル052-212-5275

受付時間 【平日・土日】9:30〜17:30

緊急に接見希望の方

刑事事件ブログ

1 逮捕されてしまった被疑者やご家族にとっては、「いつ、身体拘束から解放されるのか。」が、とても重要な関心事となります。身体拘束中は、厳しい監視下におかれますし、仕事に復帰できるだろうか等、将来についての不安もかかえるこ…続きを読む

 身柄が拘束されている場合,その一日も早い身柄の解放は何よりも重要です。 保釈が許可されれば,依頼者は元の生活を送りながら裁判に対応できますし,弁護人との充実した打合せも可能だからです。 そこで,今回は保釈について見てい…続きを読む

 平成30年6月1日より、改正刑事訴訟法が施行されます。  その中で日本版の司法取引制度が開始されます。  特定の財政経済犯罪及び薬物銃器犯罪について、被疑者・被告人が、共犯者などの他人の刑事事件の解明について協力行為を…続きを読む

 外国人の刑事事件においては、どのような判決を受けるかということ以上に、今後も日本に残れるのかという在留に関する問題が重要視されることがあります。  今後も日本に残れるのかということについて考えるとき、①その事件が退去強…続きを読む

 警察官や検察官は、取調べの最後に、被疑者・被告人がその日の取調べで話した内容をまとめた紙を作成することが多いです。この紙のことを、「調書」といいます。 警察官や検察官は、被疑者・被告人に対し、調書の内容を確認した上で、…続きを読む