名古屋で刑事事件に関する弁護士への無料相談は愛知総合法律事務所へ

法律相談専用ダイヤル052-212-5275

受付時間 【平日・土日】9:30〜17:30

sp menu button

法律相談専用ダイヤル052-212-5275

受付時間 【平日・土日】9:30〜17:30

緊急に接見希望の方

刑事事件ブログ

過去の記事を見る

勾留からの解放

 捜査機関から犯人であると疑いをかけられた場合,事案によっては逮捕・勾留されることがあります。当然,事前に連絡などありませんので,日常生活や仕事に与える影響は重大です。これらの不利益を最小限にするには,早期に釈放に向けた弁護活動をする必要があります。

 
 私が担当した案件では,勾留に対する準抗告を行いました。これは,逃亡や証拠隠滅のおそれがないことを裁判所に訴え,勾留を取り消してもらう手続です。一般的には,勾留からの解放は非常に難しいと言われています。
 具体的には,依頼を受けた直後に接見に赴き,捜査機関が問題視している点や手持ち情報を探りました。同時に,勤務先や家族構成など基本的な情報を聴取し,裁判所に説明する上で効果的な証拠が何か検討しました。とにかく早期の解放を実現するには,取り寄せに時間がかかる証拠では意味がありません。
 事務所に帰った時間は既に通常業務終了時間でしたが,そのまま深夜まで申立書を書き上げ無事釈放となりました。なお,釈放されても刑事手続が終了したわけではありませんので,そのまま示談交渉等の弁護活動を続け,最終的には不起訴処分となりました。

 
 当時の疲労度はかなりのものでしたが,事件終了してときの依頼者・ご親族の安心した表情をみると,苦労した甲斐があったというもので,今でも思い出の事件となっています。
 刑事事件に関するご不安・ご心配は,弁護士に相談するだけでも軽くできるものも多くあります。お困りの際は,お気軽にご連絡ください。

 
名古屋丸の内本部事務所 弁護士 米山健太